独自の路線を走っていく

タブレットを手に持っている男性

誰もが知る有名雑誌が廃刊に追い込まれるなど、出版業界にとっては非常に辛い時代になっています。雑誌が売れなくなった理由はさまざまあると考えられています。その中でも一番大きなものが、インターネットの普及でしょう。
これまで雑誌を購入して調べていたことが、今ではインターネット一つで簡単に調べることができます。しかも、雑誌を購入するようにな費用もかかることがないんです。最新のファッションについて、人気の飲食店、次に公開される映画などの情報が好きなだけ得ることができるからです。
ですが、そんな時代でありながら、好調をキープしている雑誌があります。それが裏モノジャパンです。裏モノジャパンは発行部数を落とすことがないんです。その理由は非常にシンプルです。裏モノジャパンに掲載されている情報は、インターネットでは得ることができないからです。
裏モノジャパンは常に独自の路線で雑誌を作っています。他のメディアで取り上げることがないようなネタばかりを扱っているんです。しかも、編集部が実際に取材をしているので真実ばかりです。こういった、裏モノジャパンの情報はインターネットでどれだけ検索しても見つけることができません。
廃刊に追い込まれてしまった雑誌は、厳しい言い方をすればインターネットで検索できる情報しか掲載していなかったことになります。この時代において売れる雑誌を作るには、裏モノジャパンのように独自の路線を走り続ける必要があるでしょう。